車査定

 

査定までの愛車の管理

考える男性

自動車の査定基準について調べてみました。

 

車の査定とは、とり調べて決定する、という意味があるそうで、様々な点検、基準に沿って自動車の査定士が、対象の車の商品価値を決めることを言うそうです。

 

しかし、自動車の査定において、全ての査定士が同じ査定金額を出す訳ではありません。
物の価値は、人によって様々なように、査定士がどこに価値を感じるかで、価格は変わってきます。
基準があるとはいえ、その車の査定時期や査定士の知識などがそこに加わることでそれぞれの査定金額になります。
ですから、車の査定をしてもらう場合、1人の査定士に頼むより、できるだけたくさんの査定士に見てもらったほうが良いでしょう。もしかしたら自分の車は予想以上の価値があることもあるかもしれません。

 

もう一つ、査定をしてもらうにあたり、こちら側がやっておきたいことがあります。
それは、掃除です。車の掃除をせずに査定に出すのと、掃除をしてから査定に出すのでは値段が変わってくる可能性があるのです。
査定士にその車を「大事に扱っていた」と思わせることができれば評価ポイントになり査定価格が上がるかもしれません。
そして、「匂い」も重要です。例えばタバコです。タバコの匂いがするのとしないのとでも価値は変わるでしょう。
それに加えタバコのヤニが付着していると、それも価値が下がってくる可能性があります。
ですので、もし将来は車を買い替えるために査定に出してより高い価格で車を売りたい、といった希望があるのであれば、できるだけ車内での喫煙は控えたほうが良いでしょう。

 

買った瞬間からその自動車を査定に出す人はなかなかいないと思いますが、もし今後そのような計画があるという人は是非この自動車の査定にまつわるマメ知識を覚えておいてください。
この事を意識しながら自動車を使用していると、意外にキレイに使用し続けることができるものです。
事故のキズなどにおいては、修復暦を発見されてしまうと、大きなマイナスポイントとなってしまうため、そこは事故を起こさないように安全運転を心がけましょう。

注意したいメンテポイント

車のメンテナンス…。そう聞くとドキッとする人もいるのではないでしょうか?
大した車のメンテナンスをしていない…。そういった自覚のある人は、まずできることから始めましょう。

 

始めからボンネットを開ける必要はありません。
日頃乗っている車に感謝の気持ちを込めて洗車をしたり、内装をきれいに掃除したり、そういったことから始めてみてください。

 

そうすることで、車に愛着がわくようになります。
車に愛着がわけば、自然と車のことに興味を持つはずです。

 

エンジンに異常はないか?計器類はちゃんと機能しているか?オーディオの調子はどうか?クーラーの効きはいいか?
色々な面でメンテナンスを行うことが出来ます。

 

車好きの方は、ご自分でメンテナンスを行う人も多いでしょう。
そういったメンテナンスが苦手な方は、ディーラーショップやカーショップに行って定期点検を受けるのもいいかも知れません。

 

車は一歩間違えればとても恐ろしい凶器になってしまいます。
メンテナンスを行うことで、そういった事態を防ぐことも可能です。

 

特に注意しておきたいのが、エンジンオイル、タイヤの摩耗、タイヤの空気圧の三点です。

 

少なくともこの三点は、二か月に一度でもいいので確認するようにしておいてください。

 

車 売却
大切に乗った車は思った以上に高く売れたりするものです。
日頃からメンテを行って高く車を売却できるようにしておきたいものです。